なぜ最近は事故車を積極的に買い取るお店が増えてきたのか

車の中には、ちょっと特殊なタイプもあります。いわゆる事故を起こしてしまったような車です。
一般的には、事故車は買取額が厳しくなる傾向があります。中には事故歴がある車の買取は、全て断っている業者もあるようですね。

 

業者オークションで思わぬ高値になる事もある事故車

 

事故を起こしてしまった車は、実際買取金額は厳しくなる一面があります。やはりその理由は、車の状態の問題でしょう。車の前面部分が大破してしまっているとなると、やはりそれを補修するのも多くの費用がかかってしまいます。
それと事故を起こしてしまった車は、そもそも自走が難しい事もありますね。やはり移動するのが難しい車の場合は、どうしても買取金額が厳しくなってしまいます。
にもかかわらず、最近では事故車を積極的に買い取っている業者が増えてきているのですね。今まであまり事故車を買い取っていなかった業者さえも、ここ最近では買い取りをするようになってきているそうです。業者の姿勢が変わってきたのですね。

 

ではなぜ事故を起こした車を買い取っている業者が増えてきたかと申しますと、実は事故車には大幅な金額アップの要素が秘められている事があるのです。来店客から買い取られた事故車は、もちろん業者オークションなどに流される事になります。そしてそのオークションの会場では、思わぬ金額が付く事もあるのですね。

 

以前に次のような事例があったそうです。ある時にあるお店の方が、事故車を買い取りました。事故を起こしている車なので、もちろんそれに対する金額は厳しいものだったのです。10万円以下で買い取っていたようですね。
それで買い取った車をオークションの会場に流したところ、思わぬ高値が付いたのだそうです。100万円に届くほどの金額で落札されたようですね。買取会社にとっては、その利益額は相当なものでしょう。
というのも一部の人気車の場合は、たとえ事故を起こしていても思わぬ金額が付くことがあるのです。オートオークションでの落札者の中には、事故車の取り扱いに長けている所もあるのでしょう。
恐らくそのような業者は、まず自店の工場などでその事故車に対する修理などを行います。もちろんその際には修理代などもかかってしまうのですが、それでも元が取れるケースが多々あるようなのですね。人気車の場合は、たとえ修理代金を差し引いても、相当な利益が取れる事もあるのだそうです。
つまり事故車は、「時たま業者オークションでかなりの金額になる事がある」訳ですね。それで最近は多くの車の会社が、事故車を積極的に買取ようになってきたと言われています。
アルファードの買取業者


このページの先頭へ戻る